snow peak
Entry Pack TT

テント関連ギア

2019年7月購入 スノーピーク エントリーパックTT

 snow peak Entry Pack TTは超コスパ商品。おしゃれキャンプの入り口になったテント&タープです。エントリーパックTTを購入するまではコストコで買ったコールマンのワンタッチテントとホームセンターで買ったスクリーンタープを使用していました。キャンプは手段であってキャンプ道具に特にこだわりなく安くて使えれば良いと思っていたのですが、美笛キャンプ場でキャンプした時にカミさんの「あんなタープおしゃれでいいね」と指さした先にスノーピークのヘキサタープ張っている方がいて、それがとてもカッコよく見えてしまい、それから程なく購入。それからはキャンプ自体が目的になり、「おしゃれにくつろげる空間と時間を楽しむ」を意識するようになりました。

 さて、snow peak エントリーパックTTですが、トンネルテント「ヴォールト」とヘキサタープのセットで5万円台という超コスパ商品ですが、さすがはスノーピークという高クオリティ、高機能なセットです。初めから小川張りを想定してコネクションテープが付属してます。エントリーパックの小川張りはとても美しいです。アメニティドームより一体感あります。テントの「ヴォールト」はシェルターとしても利用可能ですが結構狭いので使い方は限定されますね。ヘキサタープは基本の張り方でも十分のリビングスペースを確保できますが、サブポールを追加して跳ねあげるとさらに広々使えます。ご夫婦2人、もしくはお子さん1人と家族3人で、これからテントとタープの購入を検討されている方にはかなりおすすめのセットです。(家族4人だとちょっと狭い。小学校低学年2人なら4人でもいけるかも)作りも非常に良いので長く使える商品です。

 設営についてですが、インナーテントが吊り下げ式で設営は慣れると難しくはないです。アメニティドームやフライシートを被せるタイプより簡単かもしれません。ただし綺麗に張ろうと思うと全てのガイロープを張ってペグダウンすることになりますがタープと合わせて30本以上のペグダウンが必要になりますので、結構大変です。結構なれていても30分くらいはかかります。涼しい時期なら気にもなりませんが真夏と雨の日はちょっとキツイです。でもこのセットで綺麗に小川張りした時の満足感はなかなかのものですよ。

snow peak エントリーパックTTのキャンプ

mahiro

mahiro

北海道十勝在住。キャンプ歴20年。 年間泊数は4〜5泊のファミリーキャンプでしたが、 現在はキャンプすること自体にハマってカミさんと 休日のほとんどをキャンプで過ごしてます。 キャンプギア購入費用も大急増(^^; そんな私がキャンプ場やギアについて、個人の感想として 書き留めていきます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP