QUICK CAMP
TCワンポールテント

テント関連ギア

2021年1月購入 クイックキャンプ TCワンポールテント

 初冬のキャンプでHIDEOUT使ったら結露がひどいのと真冬だと大きすぎて暖房が間に合わない懸念があってもっとコンパクトなTC素材のテントを購入することに。ワンポールが良いかなとtent-Mark DESIGNS サーカスTCとかNEUTRAL OUTDOOR TCテント4.0など検討しましたが、検討の結果QUICK CAMP TCワンポールテントに決定。グランドシートとインナーテント付属で4万円を切る販売価格、在庫が潤沢で最短で手に入ること、そして他であまり見ないネイビーの色が選定理由。

 冬キャンプも色々なスタイルがありますが、うちはグランドシート+インナーテントに15mm厚の銀マットを引いて厚めのラグを敷いてコットで寝るスタイル。シェルタースタイルはストーブの熱で床が溶けてベチョベチョになるのが嫌でインナーテントスタイルにしてます。QUICK CAMP TCワンポールテントは床直径が約4mで4人用になっていますが、ポールを挟めるセンターテーブル置いてコット2台入れると2人でちょうどな感じ。狭くはないですがもう少しだけ広くてもいいかなと思うサイズ。トヨトミ KS-67Hを全開にすると真冬でも暑くていられないのでギリギリ絞って(KS-67Hって火力調整範囲が狭いのです)使ってます。かなり雪の降った日も使いましたが撥水加工がされていてテント生地はほとんど濡れず多少凍りつく程度。とても使いやすいテントです。

 色はネイビーを選びましたが締め切ると昼間でも中は真っ暗です。ここはちょっとだけ失敗だったかなと思うところ。夏場でもソロキャンに使おうと思っているので暑い夏には涼しいかもしれませんね。

QUICK CAMP TCワンポールテントのキャンプ

mahiro

mahiro

北海道十勝在住。キャンプ歴20年。 年間泊数は4〜5泊のファミリーキャンプでしたが、 現在はキャンプすること自体にハマってカミさんと 休日のほとんどをキャンプで過ごしてます。 キャンプギア購入費用も大急増(^^; そんな私がキャンプ場やギアについて、個人の感想として 書き留めていきます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP